roko'notebook

普通の主婦が、
感じたこと、ちょっと気になる事を 
書いてます。

一定期間更新がないため広告を表示しています



2014/01/26 (日) | -
- | -


 京急は、京急蒲田駅付近連続立体交差事業の進捗に伴い、
 また同時に、10月の羽田空港新国際線ターミナル開業による
 京急空港線・国際ターミナル駅開業を前提とした、
 羽田空港アクセス強化のため、5月16日から
 ダイヤを改正する。

 で、羽田空港アクセス強化のため
 「エアポート快特」を1時間に3本走らせるのだけど、
 品川ー羽田空港間がノンストップで、京急蒲田駅は通過。
 (現在は、現在のエアポート快特は40分間隔で運行。
 同駅に停車している。)
 

 で、大田区の区長が猛烈に怒ってます。
 
 「開かずの踏切」解消のために
 京急蒲田駅付近の連続立体交差事業の総工費1650億円のうち、
 約200億円は区が負担することになっている。
 (工事は1999年から2014年まで、現在172億円を拠出。)
 それなのに、「エアポート特快」が京急蒲田駅を通過
 するのは許せない。
 先月末、京急側から口頭でダイヤ改正の連絡があったので、
 大田区は、京急蒲田駅にも停車するように文書で申し入れたけど、
 今の段階では聞き入れて貰ってない。
 (7月にもう一度改正予定)
 このままでは「補助金拠出の取りやめも考えざるを得ない」と
 強調した。
 
 因みに、新逗子〜横浜〜京急川崎〜羽田空港駅間の直通電車、
 「エアポート急行」を新設。
 (品川・都心方面〜羽田空港駅間の現在の「急行」は、
 「エアポート急行」に改称)


 元々、立体交差の工事「開かずの踏切」を解消して、道路渋滞を
 緩和するためであって、周辺住民や引いては大田区は恩恵を十分に
 享受できるはずだ。
 「道路事情の改善を目的とした」費用負担を盾に京急に
 「エアポート快特」は京急蒲田を停車させろ!と要求するのはおかしい。
 
 尤も、今までの快特が京急蒲田に停車するので、ダイヤ改正で
 格下げされるとは思ってみなかった事だろう。
 大田区側は、10月の羽田空港国際化にあわせて、
 外国人旅行客が来るまちづくりを進めようとしていて、
 京急蒲田駅付近には、新しいホテルの建築予定もあるらしい。

 それに対して、京急は、羽田空港第1ビル・第2ビル駅までノンストップの
 「空港快速」を運行する東京モノレールへ対抗して、品川−羽田空港駅を
 ノンストップで運行する電車を走らせたい。

 利用客の立場からいえば、
 羽田空港まで行くのは、飛行機を利用するのが目的だから、京急蒲田駅で
 停車しても、途中下車して商店街で買い物をしないし、
 帰りも、早く帰宅したいのであって、わざわざ京急蒲田で
 下車する事はない。
 新しいホテルができたところで、品川の方が交通の便なども何かと便利で、
 ホテルも沢山あるのだから、敢えて京急蒲田駅付近のホテルを利用
 するだろうか。
  
 地元住民が羽田空港へ行く時は、
 JR蒲田駅前から出ている空港行きのバスや
 荷物が多い場合は、タクシーを利用するのが一般的らしい。

 大田区の「京急蒲田は停車して当たり前」という考えも違和感があるし、
 人間感情の生き物だから、大田区にとっては「寝耳に水」という
 京急側の「突然」というやり方も拙かった。

 さて、工事費用の負担金を拠出しないとか大騒ぎになっているけど、
 京急蒲田を停車するのとしない時の時間の差は…1分。
 
 「狭い日本、そんなに急いで何処へ行く」
 1分の差で快特に乗れなくて、急行を待たなくてはならないんだったら
 京急も停車させてもよくない?
 10月の羽田空港国際化で、これから「エアポート快特」の本数が
 増えるのなら、「全部に停車させる・させない」じゃなくて、
 双方歩み寄れない?
 
 
 
 
 
 


 さて、私自身は、滅多に羽田空港を利用する事はない。
 
 最近は、数年に1度かな。
 これから、飛行機を利用する旅行が増えるなら別だけど。

 我が家から羽田空港までのルートは4つ。
 ”弊邨侏海乃急を利用。
 同じ京急利用でも川崎経由。
 I余渉からモノレール。
 つ管霸悄覆泙燭蓮⊃圭姫悗篆敬換腑丘駅)から
  空港直行バス。

 重い荷物の事を考えると、1番楽なのは、空港直行バス。
 だから、帰りは、多少待っても時間がかかっても
 バスを利用。
 だけど、行きはそうはいかない。
 何しろ乗り遅れるわけにはいかない。
 残念ながら、本数も少なく1時間に1本。
 例えば、11時フライトだと道路渋滞を考慮して、
 家を出るのが7時半。
 それでなくても、旅行当日の朝はバタバタ状態なので、
 これは却下。

 一度モノレールに乗りたくて利用したけど、
 これも結構時間がかかるので却下。

 同じ京急利用でも川崎経由と品川経由は…微妙。
 時間でいえば、5分ほど川崎経由が早いし、
 乗り換えも少ない。
 でも、JR川崎ー京急川崎の乗り換えが不便。
 「5分」って言うけど、私の足では5分ではいかない。
 っていうか、一度迷った事がある。
 それに比べれば、JR品川ー京急品川の乗り換えは
 簡単。

 今度飛行機を利用する時は「エアポート快特」と思ったけど、
 今回の改正では、主に10時〜15時の間だけらしいので、多分無理。

 あ、娘のマンションからだったら、
 川崎駅から羽田空港直行バスも1時間に2本出ていて、
 かなり便利。
 前日は、彼女の部屋にお泊りするかな。
  
  
 
  



2010/05/14 (金) 20:50 | 社会
- | comments(4)


2014/01/26 (日) 20:50 | -
- | -
同じカテゴリの記事
この記事へのコメント

>葉桜さん
利用者からみると
京急蒲田に停車するかどうかより
京急蒲田に停車してもいいから
快特の本数を増やしてくれた方が
便利だと思うのですけどねぇ。

是非、東京へ遊びにいらして下さいね♪

2010/05/16 00:24 | roko

こんばんは。数年前までよく上京していて
品川にホテルを取ることが多く、
そこまでは京急線に乗ってました。

エアポート快特は京急蒲田しか止まらないので
品川から羽田へ戻るのに必ず使ってたんですが
確かに蒲田の駅には1分しか止まらないので
利用する側としては、止まっても止まらなくても
どちらでもいいかな、と思います。
ノンストップなら、より早く着けるような気は
しますが、実際には(停車のためにスピードを
緩めることを考えても)2〜3分の違いですもんね。

そうそう、エアポート快特は時間が限られてて
いつも最終便で東京入りしていた私は
羽田から品川へ行くのには普通の急行か特急しか
なかったんですよね〜

久し振りに京急線のお話を読んで、また上京したく
なってきました(笑)

2010/05/15 21:41 | 葉桜

>みっくるさん
ご登場ありがとう♪

小田急線に例外見つけたわ。
向ヶ丘遊園駅が急行の一部が停車しなくなったわ。
尤も遊園地が閉園されたし、
お隣の登戸がJRへの乗り換えがあって、
急行が止まるからね。
それでも全部が停車しないのではなくて、
一部だけに留めているわ。

京急もモノレールに対抗すると言っても
蒲田に停車しなくても1分しか違わないのだから
意固地になる事はないと思うわ。

羽田へのリムジンバスは結構アチコチの駅から出ていて便利は便利だけど、何しろ本数が少ないし、
道路渋滞を考えると中々行きは乗れません。
新幹線と違って、1台乗り遅れても次の自由席…
というわけにはいかないしね(- -;

2010/05/15 00:18 | roko

鉄ちゃんとしてはこういう話題は
出てこないわけにはいきませんなぁ(笑)

普通、JRでも民鉄でも
優等列車の停車駅は一度停めたら
通過させないのが普通。
まぁでも例外は結構あります。

しかし今回のように、
補助金とかが絡んでいるのは
珍しいかもですね。
おっしゃるように
「どっちもどっち」という気はします。

でも信義上からいえば、
立体交差自身で恩恵を受けるとはいえ、
補助金を出してもらって
直前まで通過を言わない京急が
悪いかな…と。
羽田空港利用はともかく
京急は蒲田駅は結構なお得意さんで
あることには違いないですからね。
おっしゃるように
一部停車とか手はあったはずですからね。

ウチから伊丹空港、関西空港も
公共交通機関だと
いろいろな行き方ありますけど、
荷物が多いとやはり
車やリムジンバスですねぇ。

2010/05/14 22:17 | みっくる

コメントする