roko'notebook

普通の主婦が、
感じたこと、ちょっと気になる事を 
書いてます。

一定期間更新がないため広告を表示しています



2014/01/26 (日) | -
- | -


 車の運転がが出来ない私にとって、バスは、鉄道と同様
 大事な交通機関である。
 中学から結婚まで住んでいた所は、バスの便が凄くよかった。
 ちょっと思い出しただけでも、渋谷・新宿・東京駅・五反田・
 目黒・品川・田町・新橋行きのバスがあり、その途中にも
 六本木・日比谷・四ツ谷・芝公園・・・に、行けた。
 逆にいえば、バスがなければ、生活に不便な場所で育った。

 電車に乗るのも好きだけど、
 時間に余裕があれば、複数の電車の乗り換えをするより、
 乗り換えなしでいけるバスを選ぶ場合もある。
 例えば、渋谷駅まで、バスだと1時間はかかってしまうし、
 必ずと言っていいほど、多少なりとも道路渋滞に巻き込まれるが
 このバスでのんびり行くのも好きだ。
 因みにこの路線は(調布ー渋谷)、東京都で尤も長い路線だと
 タクシーの運転手さんが教えてくれた事があった。

 約20年間、お世話になっていたのが、「バス共通カード」
 関東地方の東京都と神奈川・埼玉・千葉の各県を中心に、
 群馬・茨城両県及び中部地方の静岡・山梨両県の一部地域にも
 路線を持つ、バス事業者及び都電で共通に使用できる磁気式
 プリペイドカードである。

 1,000円・3,000円・5,000円の3種類のカードがあり、
 プレミアムが付加(1000円券で100円、3000円券が360円、
 5000円券で850円)されている上、複数の社・局で利用できた。

 しかし、パスモにプレミアムは付いてない。
 従って2007年にバスにもパスモが導入されても
 当然のようにバスを利用する時は、従来通り
 「バス共通カード」を使用していた。

 今年3月末で「バス共通カード」は販売終了、
 7月末には利用終了が決まった。


 さて、パスモ自身にはプレミアムはないが、
 「バス利用特典サービス(通称「バス特」)という制度があるという事を
 今回はじめて知った。

 バス運賃をパスモで支払った場合、
 10円で10バスポイントたまり、
 1,000バスポイントたまると(つまりバス料金1000円)、
 特典バスチケット100円分に変わり、
 バスチケットは、次の乗車時バス運賃の支払に自動的に使用される。
 付与額(還元額)については、たまったポイント数によって
 また、各バスによって違ってくるが、殆どが
 1000円-100円、2000円-100円、3000円-160円 4000円-160円、
 5000円-330円 である。
 累計すると5000円で850円、即ち、今までの「バス共通カード」の
 プレミアムと同じなる。

 パスモの「バス特」とバス共通カードでは、違いがある。
 上述のように、「バス特」は、バス共通カードのように
 あらかじめ特典額が付与される訳ではないし、
 「バス特」のバスチケットの計算が1ヶ月単位であり、
 未還元のバスポイントは翌月へ繰り越す事ができない。

 つまり、1ヶ月のうちに5000円分、バスを利用しなければ
 850円のプレミアムにはならない。
 1回の運賃が200円〜210円なので、5000円だと24〜25回、 
 駅まで行き帰りバスに乗るとして、1ヶ月に12〜13回。
 専業主婦の私にはあり得ない日数である。

 私の場合、1ヶ月のうち決まっているのが、
 月2回のシャドーボックス。
 それで、バス料金は800円。
 まぁ、1000円には到達するであろうから、
 貰えるバスチケットは100円分。
 2000円に到達するには、シャドーボックス以外に、
 6回、つまり3往復しなければならない。
 尤も、終バスが早いので、オフ会など夜の外出では
 帰りはタクシーになるし、運動不足のために
 行きだけは歩けば、単純に3往復とはならない。
 例えば、1ヶ月に1800円分しか乗らなければ、
 800円は、切り捨てられる。
 従来の「バス共通カード」に置き換えてみれば、
 毎回プレミアムの少ない1000円券を購入しているのと
 同じになるわけで、
 1年で約1万円、バスに乗っていながら
 乗っていなかった事になる(800円の12ヶ月分)
 
 名前は「バス特」だが、使う前から
 凄く損した気分になっている。 おこる

 逆に、切り捨てられる分を少なくするためには、
 バス利用を少なくして、駅まで頑張って歩くしかない。 
 
 

「バス共通カード」が3月末で販売を終了したために、
 今、私の手元に残っている最後の残高は、既に3桁に
 なっている。
 来月からはパスモを使用しなくては…と思っていたが、
 調べてみたら、川崎市交通局(川崎市市バス)では、
 販売終了が6月末(市バスでの利用は10月末まで)
 幸い、多摩川を渡れば川崎市、娘が住んでいるマンションも
 川崎市である。
 早速、最後のもう1枚を購入してくる事にしよう。
 庶民の最後のあがきである。



2010/05/21 (金) 12:47 | 社会
trackbacks(0) | comments(1)


2014/01/26 (日) 12:47 | -
- | -
同じカテゴリの記事
この記事へのコメント

管理者の承認待ちコメントです。

2013/01/27 17:19 | -

コメントする









 
この記事のトラックバックURL
トラックバック